検索ワードを入力...

死にあるき 3巻

死にあるき シリーズ(最新は4巻)を見る
著者
了子
出版社
小学館/裏少年サンデーコミックス
発売日
2018年04月12日
頁数
192ページ

内容紹介

死を呼ぶ少女の正体は?命を賭けた追跡劇

資産家・黒須時宗の死を皮切りに連続不審死が続く黒須一家はついに朱鷺子を遺し全滅してしまう。
姪である里奈の遺体が見つかった場所は数十人もの人間を殺害解体したシリアルキラーがアジトとしていた民家からで、里奈は殺人鬼の手にかかったということは明らかだった。

黒須家連続不審死と連続解体殺人事件。
朱鷺子と関連する「死」は拡大を続け、その範囲は予想外の方向へ爆発的に広がった。

果たして、一連の死は朱鷺子の意志によるものなのか、ただ偶然が続いただけなのか――?
警察、雑誌記者、オカルト研究家の文字通り命を賭けた追跡が事件の真相と少女の過去をつまびらかにしていく。

俊英、熱筆!衝撃のホラーサスペンス、第3巻。
<< 同じ時期に発売された小学館の漫画・コミック